読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT初心者の為のページ

IT関連企業に所属している私が 、IT関連の知識(?)や噂、面白ネタなどを 中心に解りやすくギャグテイストで 更新していきます。

現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」について

IT PC インターネット スマホ スマートフォン セキュリティ
ハザードチェッカーと言う、現在地危険性確認システムが 開発されました。GPS(グローバル・ポジショニング・ システムの略称。自分が今現在、世界のどこにいるかが 限りなく正確にわかる測位システムですね。)を使用して の災害回避システムは物凄いですね。
スポンサーリンク
ニュースによると、住所や目印になる建物名を入力するだけで、 南海トラフ地震で想定される津波や、大雨による洪水で想定 される浸水の深さも同時に確認できるそうで、近所の避難所や 現状の気象情報もわかるそうです。 ボタン一つで誰にでも解りやすく、危険を回避できるような プログラムと言うのは凄いですね!自分も時間があるとき ダウンロードしておこうかなと思いました。 それにしても、隣の芝は青く見えると言いますか、私自身は プログラミングなどはかじっていないので開発できる人は 凄いなあと思います。今まで利用技術の方しか勉強して 無かったですし。 特に、今回のアプリは南海トラフ自身の影響がまともにあると 考えられている我が県あたりの人達には朗報ですね。是非、 有難く使わせていただこうかと思いますね。 出来れば、災害が来ないことを祈りますが、、、まあ、ここ 数十年の間に相当な確率で来るらしいので、今のうちに手を 打っておくのが吉でしょうね。 ************************************ ツイッター、公開中です。 「it_akky」で検索、フォローよろしくお願いします! 相互フォロー大歓迎です! ************************************ 関連記事 学校や公園に無線LAN、整備方針 AI(人工知能)が小説を作れるのか タウンWI-FIが仕様変更で、WI-FI自動接続可能に