読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT初心者の為のページ

IT関連企業に所属している私が 、IT関連の知識(?)や噂、面白ネタなどを 中心に解りやすくギャグテイストで 更新していきます。

【IT資格】鍵暗号方式の続き

鍵暗号方式の、前回の続きです。 公開鍵暗号方式には、その応用技術として誰がデータを 送信した者かを特定できる技術があり、それが ディジタル署名と言われています。 これは、あくまで「公開鍵」の応用技術です。(そう言う 方式で試験に出ます) ハッシュ化と呼ばれる、要約データを作成し、それを 確認する事で本人の物かどうかと言うのが判別できます。 何故なら、公開鍵方式では暗号化も複合化も、それぞれが 持っている一組の「鍵」でしか出来ないからです。つまり、 それが出来ると言う事はそれ自体が本物であると言う 証拠、になる訳ですね。 ただ、少しばかりネックになるのが、共通鍵方式の複合化 よりも、公開鍵方式の複合化の方が時間がかかってしまう と言う事ですね。これも重要になります。 公開鍵暗号方式で有名なのが(と言うか自分もこれしか 知らないですが)RSA方式と言うものがあります。人名の 頭文字が3人分でつながっているだけ何ですが、、、この 人名にまで興味がある方は、どうぞグーグル先生にでも 聞いてみて下さい(笑)。 後、それと関係ないですが、ほんの近々PCガジェット専門の オンラインショップをオープンさせる予定です。 その際は是非ご贔屓に。 ************************************ ツイッター、公開中です。 「it_akky」で検索、フォローよろしくお願いします! 相互フォロー大歓迎です! ************************************