読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT初心者の為のページ

IT関連企業に所属している私が 、IT関連の知識(?)や噂、面白ネタなどを 中心に解りやすくギャグテイストで 更新していきます。

【IT資格】トランザクションについて

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"

data-ad-client="ca-pub-3427361850690554"

data-ad-slot="3629978829">

トランザクションとは、あるデータベースにおいて

ひとまとまりの処理単位を指します。ちょうど前回、

IT資格の所で書いた、排他処理にもちょっと関わって

来ますが、要はこれもデータ更新時に矛盾が出来ると

マズイので、それを防ぐためのものですね。

具体的には、一関連の処理の中でどこか一つでも問題が

起こった場合、そのまま処理を続けるとどこかで矛盾が

生じるので、処理以前の状態に戻す(トランザクション

以前の状態に戻す)事を、ロールバックと言います。

ここで出てくるのが、バックアップの一種である、

ジャーナルファイルと呼ばれるもので、小さい単位の

バックアップと思えば違わないと思いますが、ロール

バックはこのジャーナルファイルを用いてデータを

処理以前の状態に戻します。

逆に、ロールフォワードと言うものがありますが、

これもデータが故障したり、飛んでしまった場合に

データベースを以前のバックアップファイルから取って

来て、それにチョコチョコ、ジャーナルファイルから

取ってきた情報をくっ付けて、なるべくデータベースが

無くなる直前までデータを戻したものをロールフォワード

と言います。

ロールバックは、単純に「データベースを更新する前」の

データをジャーナルファイルから引っ張り出してくること

で、更新時に起こった障害のなるべく直前までデータを

復元したもの、

ロールフォワードは「データベースのバックアップ後」に

ジャーナルファイルを加えてなるべく障害が起こる直前まで

戻す方法。

パッと見、ややこしいですね。文章をよく読んで頂き、この

微妙な差をわかっていただければ良いのですが。

ちなみに、ジャーナルファイルって、ログファイルの事です。

私自身はログファイルって言いますが、ジャーナルって書かれて

いた時でも判るように敢えてジャーナルファイルと言う書き方を

しています。どちらも同じでございますよ!!!

関連記事

【IT資格】画像データ

【IT資格】音声データ

【IT資格】フォルダ、ディレクトリ