読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT初心者の為のページ

IT関連企業に所属している私が 、IT関連の知識(?)や噂、面白ネタなどを 中心に解りやすくギャグテイストで 更新していきます。

Twitterによる差別、いじめ、誹謗中傷防止への取り組み

Twitterで、ツイート内容のブロックと言うか、

非表示にする方法が出来たとの事。ただし、

自分宛のツイートである場合のみで、普段の

ツイートまで制限が出来ないそうなので、まあ

苦肉の策というか、出来ないものは仕方ないん

ですが、、

スポンサーリンク

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-3427361850690554"

data-ad-slot="9064076828"

data-ad-format="auto">

と言う事は、要はそんな自分にとって不快な

ツイートを流す人はブロックするなり、フォロー

を外すなりの手段をとるなりする方法が有効

ですかね。

普通に流れている不快なツイートは、、防げない

から見ないようにするしか無いですが。

ツイッターとしては、ユーザーに自由に発言する

権利と、人間の尊厳を守るために行ったという話。

イイハナシダナー。

方法自体は、ツイッターのヘルプセンターに記載

されているようなので、確認するべしですね。

この機能自体が前々からユーザーに望まれていたと

いう話ですが、差別、誹謗中傷の定義の中には、

人種差別、宗教差別なども含まれる様になったと。

他にも攻撃的な内容とか、不適切な内容とか

(不適切な内容って、具体的に何なのかな)

私がやっているツイッターのフォロワーさんにも

宗教の事を呟く人がいますが、内容は実はよく

判らない事も多いですが(すいません)、別に

だからと言ってイチイチどうこうする必要無い

ですよね。正義はそれぞれの価値観によって

違うと思うので。

まあ、だから争いが起きるのですが、、、

理想的には、そんな機能などなくてもお互いを

尊重できる世の中になれば最高なんですがね。

実際は、中々難しいものなんですかねー。

関連記事

画面にウイルス感染のデマ警告

Facebook(フェイスブック)の追悼エラー、誤作動について

旺文社が、著作権に抵触するPDFについて